MENU

 何でアカウントを別のものにしなかったのか、悔やんでも悔やみきれない状況でした。
日頃から使っているアカウントでしたから、当然友達たちとも繋がっているわけです。
それを使ってパパ募集をしてしまう、見つかってしまうのは当たり前の話なのです。
海外へのスキューバダイビングで頭がいっぱいになってたとはいえ、そんな簡単なことを見落としてしまうなんて最悪でした。
サークルの後輩からは軽蔑されるようになってしまったし、ずっと仲良くしていた幼馴染みも絶交を言い渡された形になっていました。
パパを募集したツイートを削除してから、あれは悪友に“いたずら”されて勝手に投稿されてしまったものだと、後輩や幼馴染みに言い訳をして回ることとなってしまったのです。
しかし一度炎上してしまっていますから、火消しをするのは至難の技って感じでした。
もちろん私の言い訳など素直に信じてもらえるわけもなく、信用を回復するまでにはならなかったのです。
しかも、リツイートでいろいろな人たちから誹謗中傷や批判を受けることになってしまって、精神的なショックは計り知れないものになりました。
だけど、やっぱり海外に行きたいという気持ちを捨てることなどできません。
身バレしてしまったのは完全に自己責任ですから、これはしかたがない事なんですけれど、それでも何とか発覚しないような形でパパを探したい、パパ活を続けたいと思いました。
そんな私が検索をしていたときのことです。
なんと、パパ活のブログを開設している主婦を発見することができました。
もしかしたら方法とか教えてもらえるかも、一縷の望みをもってメッセージを送信してみることにしたのです。
経験者になにかアドバイスしてもらえる可能性もある、そしたら誰にも知られることなく、セックスなしの関係を作れるかもしれないのです。