MENU

 善は急げ!って言葉がありますからね、海外にスキューバダイビングに出かけるためにも、早めにパパを探してお小遣いをもらわなければって気持ちになりました。
セックスなしの関係を作れたら最高です。
ご飯を食べてお小遣いがもらえるなんて夢のようですから、早速行動をとることにしたのでした。
密かに流行っているパパ活、これに便乗しようと思いました。
それで、相手を募集するために使おうと思ったのが、日頃から趣味で利用しているTwitterです。
ツイートすることで多くの人に見てもらうことができる、つまり興味を持ってくれたらリプライを飛ばしてくれるわけですよね。
これだって感じで使っていく事にしたんです。
体の関係なしでお小遣いをくれるパパを探している事をツイートしてみました。
なんだか、これで完全に相手を探せた、そんな気持ちになってしまっていたのです。
たくさんの方たちが見てくれるはずで、順調にリツイートされたりもしているようで、何だかワクワクしてしまいました。
しかし、日頃から使っているアカウントを利用して相手を募集してしまったのでした。
このことが、のちのちとっても悔やまれることになっていきます。
だって、いつも使っているアカウントだから、リアルな友達たちとも繋がっていたのです。
大学時代のサークルの後輩たちにも見られてしまって、軽蔑のリプライが帰ってきました。
それと仲良くしていた幼馴染みからも絶交をほのめかす言葉さえかけられてしまったのです。
さらに追い打ちをかけるように、知らない人たちから多くの批判や誹謗中傷が届けられるようになっていきました。

まさしく炎上してしまって、収拾がつかないような状態になっていたのです。
本当に頭の中が真っ白になってしまって、これからどうしよう…まったく嗜好が働かない状況になってしまいました。